Skip to content

開発中の新しい歯科治療

虫歯や歯周病は、放置していても風邪のように自然に治ることはありません。

早く治療をすることが重要になりますが、歯科医院が苦手だという人は大人でも多いです。その理由は、削られるのが嫌だというものや、痛みや恐怖心などがあります。歯科治療はできるだけ患者さんの負担にならないように、注射針を細いものを使用したり、音や振動の少ないドリルなどが実際に使われています。

それでも苦手だという患者さんのために、新しい治療が開発中です。その治療は、飲み薬で虫歯を予防するという今までにない考え方で開発されています。虫歯が出来たら削って治療するのではなく、虫歯にならないようにするという薬です。

飲み薬を飲むだけなので、痛みもなく虫歯を予防することができると夢の治療と言われています。ただ、まだ開発段階なので、実際に使われるまでには長い期間が必要になります。予防が大切という考え方は、日頃の歯磨きやフッ素塗布などにも応用できます。

また、その他にも、ケガをしたとき皮膚に貼る絆創膏のように、歯に貼る絆創膏も開発されています。冷たいものがしみる部分に貼ったり、虫歯にならないようにあらかじめ貼っておくというもので、歯に貼っても目立たない透明な薄いフィルムのような形をしています。

こちらもまだ臨床段階ではありませんが、歯科治療には新しい技術が次々に導入されています。お口の中の健康を保つことは、いつまでも元気に楽しく生きられることにつながります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です