Skip to content

痛みのない歯科治療について

歯科医院で行われる治療は、虫歯を削ったり、歯石を取るなど痛みがあるものが多いという印象が定着しています。

痛い治療が嫌だからと言って、少しくらい歯が痛くても我慢してしまう人さえいます。そこで歯科医院では、患者さんができるだけ痛みを感じない無痛治療を取り入れています。痛くさせないのは麻酔が効果的ですが、麻酔の注射針にも痛みを感じてしまいます。

そこで、針が刺さる部分を表面麻酔といって、塗る麻酔を使うことで歯茎をしびれさせてから注射を行います。注射の針は、細い物を使用することで、より痛みを感じなくさせることができます。中には、電動の麻酔器を採用し、一定の速度で麻酔液を注入させて刺激を少なくすることもあります。歯を削る道具も、昔ながらのドリルだけでなく、音や振動が少ないドリルができました。

歯を削るのが苦手な患者さんには、レーザーで虫歯を焼ききるような治療もあります。レーザーはドリルのような振動や音がないので、苦手な患者さんも安心して治療できます。最近の歯科治療では、虫歯を殺菌する薬を虫歯の部分に入れて蓋をするだけで、虫歯を治せる技術もあります。

まだ新しい技術なので、どこの歯科医院でも行っているわけではありませんが、これから導入するところが増えていくと予想されています。虫歯も歯周病も、放置しているとどんどん悪化してしまう病気です。定期的に歯科医院を訪れて、健診を受けることが、最も痛みを感じずに歯を守ることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です