Skip to content

痛みや不安も感じさせない歯科の無痛治療

歯科治療では積極的な無痛治療が行われ、患者さんの負担が軽減されています。

痛く無いようにするには強い麻酔を使っていると考えがちで体への影響を心配する人も多いですが、虫歯治療で削る際などに用いられるのは強く無い笑気ガスです。歯科医で使われる笑気ガスは、70%ほどが酸素で残りの30%が笑気のとても低濃度のものが使われます。

精神的な恐怖感や緊張などを主に取り除くためのもので、治療中の受け答えはしっかりできるほど意識ははっきりした状態です。神経に近い部分でなければ、この笑気ガスだけで苦痛を感じずに治療を行うことができます。

舌などに触れられると吐きそうになってしまう人も、抑えることができます。治療が終わり回復させるときは、酸素だけを数分吸うように切り替えることで元の状態に戻り、副作用など体に残る心配もない、安全性が高い方法です。

神経に近い部分や、歯を抜く必要があるときなどには部分麻酔のため麻酔注射を打つことになりますが、笑気ガスにより苦痛が軽減されている中、塗るタイプのペースト状麻酔で注射針を刺す部分の痛みも感じないようにしてから実施するため、注射針のひどい痛みを感じることなく済みます。歯科医によっては電動式の注射器にて、よりスムーズな麻酔薬の注射を行っています。

治療後に痛みが出る可能性があるときには、鎮痛剤などが処方されることがあります。薬を用いても痛みが取れないような場合には、すぐに連絡を入れて診てもらうようにします。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です