Skip to content

歯科での治療が怖い場合

歯科がどうしても苦手という人は少なくありません。

たとえば、金属製の器具が並んでいる様子が駄目ということだったり、口の中に道具を入れられて、なにをされているのかよくわからないというのが苦手だったり、あるいは器具が高速で回転して歯を削る音が耐えられないなど、人によって理由は様々です。

しかし、虫歯がひどくなったり、親知らずの周辺が頻繁に腫れて痛みが出るようになったりした場合は、苦手でも歯科に行くしかありません。では、歯科が苦手な人はどのような心構えや対処で行けばいいのでしょうか。

まず、今まで一度以上、歯医者に行ったことがあり、そこで恐怖のあまり気分が悪くなったという経験を持つ人であれば、内科などに行って抗不安薬を処方してもらうという方法があります。薬を出してほしいとお願いするときに医者に述べる理由は、歯医者に行く予定で怖いからと正直に述べて構いません。

実は、飛行機に乗るのが怖いという人が、内科に行って乗る前に抗不安薬を処方してもらうというのは珍しいことではなく、歯医者恐怖症でも薬を出してもらうことは可能なのです。また、歯科の先生に、診察前に正直に自分は歯医者が怖いんですと打ち明けるというのも一つの方法です。

歯医者はそういう人に慣れているので、歯医者が怖いという人に対するアプローチ方法を知っています。なにも言わずに治療を受けるよりも、当然、対応は丁寧で優しくなるので、言った方が絶対にいいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です