Skip to content

歯科医師になるための大学

歯科医師に対して、どういったイメージがあるでしょうか。

以前のような花形の仕事というイメージよりもとてもたくさんいるという印象があるものではないでしょうか。歯医者になって、開業をしてもやっていくのが大変であると感じる人も多いことでしょう。

実際、親などの身内が開業をしていれば、それなりに環境が出来上がっているので、初めから作り上げる必要がなく、継続してやっていけるようにすればいいのですが、基盤を作っていくことは大変なことです。

それでも歯医者になろうという人も中にはいることでしょう。歯医者になるには大学の歯学部で6年間学ぶ必要があります。歯科医師というのは国家資格であって、大学で学んだあとに試験を受験して合格できれば資格を取得できるのです。

そのためには大学をどこにするのかということも重要になることでしょう。国公立大学では学費も安いので、とても助かります。北海道大学や東北大学、東京医科歯科大学ではかなり難易度が高いレベルです。

地方でも新潟大学や岡山大学、長崎大学といった大学にも設置されています。国公立大学は6年間でも350万円程度の学費で済むためにそれほど負担が重くありません。それに対して私立の歯学部では6年間で3千万円以上もかかるところばかりなのです。

古くからある日大や東京歯科、日本歯科などでは少し難しいのですが、他の歯学部ではわりと合格しやすいラインにあるのが現状です。いろいろな大学の歯学部があるのですが、歯医者になるにはどこでもそれほど大差はありません。要は自分がどれだけ国家試験のために勉強をしていくのかが重要になるのです。

神戸の歯医者ならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です