Skip to content

削るばかりが虫歯の歯科治療では無いことを知ろう

虫歯をすぐに削ってしまうような治療方針の歯科医は避けるべきで、自分の歯を失うリスクを高めたくなければ、初期虫歯には経過観察や予防処置を積極的に行っていくところを選んだ方が良いです。

虫歯が酷くなり、神経を取る手術を行ってしまうと、その部分の歯は抜け落ちやすくなります。神経を取るところまでいかない状態であっても削る行為が行われれば、その分脆くなったりして欠けやすい歯にななる場合があります。

予防処置を積極的に行う歯科医であれば、再石灰化を目指したり、フッ素の利用やシーラントの処置を行うとともに、プラークコントロールや予防グッズの使用などでなるべく削らずに済むように治療して貰えれば、将来まで自分の歯で過ごしていける確率が高まります。

最小限の歯への負担は歯茎などへの影響も少なく、治療後も快適な口内でいることができます。家庭でも予防に努めることができるよう、歯ブラシの使い方や歯磨きの行い方の指導を受けるべきです。

昔の常識と今の常識は違うことも多いので、磨き方を知っているからと言わず習うことが大切で、食後すぐにブラッシングすると歯を削ることになってしまうなど、歯の健康のために知っておくべきことを学びましょう。

現在の歯や口内の状態に合わせて、どのような歯ブラシや歯磨き粉を使えばよいか歯科医から教わって購入したものを使った方が、より虫歯の予防につながります。歯を強化する成分が入った歯磨き粉も多様になっているため、専門家の意見を聞いた方が選びやすくなります。

神戸市中央区で歯科を探しているならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です