Skip to content

歯科医院で支払う金額

日本には保険制度があり、医療機関にかかった場合、窓口で支払う自己負担分はかかった治療費のうちの3割だけです。

治療費は、国が定めたルールに基づいて計算されているので、同じ症状で、同じ治療をすれば、国内のどの歯医者に行っても同じ治療になります。まず、初診で歯科医院を訪れると、初診料が加算されます。

これは、一般的な歯医者と大学病院や総合病院の中にある歯科では金額が異なり、さらに6歳未満の乳幼児には増額されます。初診料は2000円ほどですが、3割負担なので実際に払う金額は700円ほどです。

初診の場合は、痛い歯を見つけるためのレントゲンなど、検査費用がかかります。口の中全体を撮影するレントゲンは2500円ほどで、歯が数本写る小さなレントゲンは250円ほどです。これに診断料や治療費、場合によっては投薬料などがかかるので、初診の場合は少し多めにお金を持って行った方が安心です。

次からは初診ではなく再診になるので、初診料ではなく再診料がかかります。再診料は初診料より安く150円ほどで受けることができますが、途中で治療を辞めてしまったなどで、期間が1カ月以上あいてしまうと、また初診料が必要になるので注意が必要です。

歯科医院では、虫歯の治療の平均額は、虫歯の進行度合いによって変わってきます。軽度なほど安く1500~3000円ほどで済みますが、重度の場合は保険を使っても総額で2万円以上かかることもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です