Skip to content

歯科医院でのホワイトニングを行うときの注意点

歯科医院でのホワイトニングは、歯を白く美しくできます。

そんな歯科医院でのホワイトニングを行う上での注意点事項も、理解をしておきましょう。歯科医院でのホワイトニングはプロのケアですから、効果は高いものです。とはいえホワイトニングの法科や、後戻りの速度は個人差があることも知っておきましょう。

着色の度合いであったり、歯の構造の違い、生活習慣なども違いがあるためです。妊娠中や授乳集の場合は、その期間が過ぎてからのホワイトニングのケアが可能となります。18歳未満はホワイトニングをしていない歯科医院もあるので、事前に確認をすることです。

あくまでもホワイトニングは、天然の歯を白くしていく行為です。ですから、差し歯や被せもの、詰め物などはいくら薬剤を使っても白くはならないです。神経のすでに無くなっている歯に関しては、ある程度の白さは出せても、神経のある歯までの白さにはなりません。

着色でも抗生物質によって着色していると、ホワイトニングだと困難になります。ホワイトニングのケアをしたら、そのあとの24時間は、酸性や着色の強い飲み物や食べ物は控える必要があります。赤ワインやコーラ、カレーやミートソースもですし、タバコを吸うのも控えましょう。

ドラッグストアなどでも最近では、歯を白くさせるための歯磨き粉などの販売もされています。ですが、やはり歯科医院で行うホワイトニングの治療には効果は及びません。本格的に白くするならば、医療機関でのホワイトニングケアが1番です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です