Skip to content

歯科治療の発展により可能になったインプラント

歯科治療は近年、目覚ましい発展を遂げました。

なにより注目を浴びているのはインプラント治療の分野です。以前はいろいろな面で不安がある治療方法でしたが、最近はではそうした諸々が改善され、安全に確立された治療法となりました。

インプラントの良さは理解しているかたにも、いっぽうでその障壁として捉えられているものはいくつかありますが、その一つに安全面での不安が挙げられます。たしかに、入れ歯と違ってインプラントは歯茎に非生体材料を入れ込むことになりますので、外科的処置としても結構重い印象があります。

口のなかを切って骨に穴を開けるともなると、どのくらい痛みがともなうのか、失敗のリスクはないのか、そしてその後に身体に悪影響はないのか、挙げればきりがないほど不安材料は募ってきます。しかし、現在のインプラント治療は、歯科における通常の虫歯治療と同じ程度に安全性が確立された歯科治療となっています。

術前の診査診断さえしっかりと行なえば、けっして難しい治療ではありません。術前にレントゲンやCTで診査をすれば問題はほとんど起こりません。失敗は皆無というわけではありませんが、他の治療と比べても成功率はかなり高いのです。

また、失敗してもやり直すことのできるものですので過度に心配する必要はありません。また、体内に異物を入れることに抵抗を感じるかたは多いでしょう。しかし、インプラントの材料に使われるチタンは、生体親和性の非常に高い金属です。アレルギーもほとんど起こるケースがありませんので安心です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です