Skip to content

歯科医師になるためにかかる費用とは

歯医者といっても、歯科医師であるために一般的には社会的に認められる部分はあることでしょう。

しかし、実際はかなり多くの歯科医師が存在していて過剰な状態になっています。ですから、うまく経営していければいいのですが、そうでないと年収が低くなってしまったり、経営が立ち行かずに廃業してしまったという話もよく聞くことです。

歯医者になるためには、それなりに学費などがかなりかかっている人もいるので、その分ある程度の稼ぐことで、元を取りたいと思う人もいることでしょう。歯医者になるには、大学の歯学部に入って6年間学んだあとに国家試験に合格する必要があります。

ですから、まずは歯学部に入学しなければならないのです。大学の歯学部にもいろいろなところがあります。国公立の場合では6年間ではあるのですが、学費も350万円程度でおさまるので、ほかの学部とあまり変わりなく、負担も重くはないものです。それに対して、私立の歯学部というのは桁違いの学費がかかるものです。

一般的には6年間で3千万円以上かかるのが普通です。稀に昭和大学のように2千万円台で済むこともあったり、成績優秀で一部免除になることもあります。逆にさらに高額の学費になってしまう大学もあります。

6年間で軽く4千万円以上かかるところもあるのです。ですから、家庭の経済状態と将来的な見通しを考えて、進学先を決めていくようにするといいでしょう。このように、歯科医師になるためにはそのルートによって、かなり費用が違うのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です